やめないでください!

 昨日の授業の時、「教室を閉じようと思っているんですが・・・」と切り出したところ、「やめないでください!」と、生徒さんたちに、詰め寄られました。

「先生は、いろんなことを知ってらして、お話が、とても面白く、楽しいです」

そういわれて、たじたじとなった私は、思わず、

「でも、私は、家事も片づけも下手で・・・」と、なんだか関係ないことを言ってしまいましたら、

「そんなこと、ここでは関係ありません」

と、言下に否定されてしまいました。

 

しかし、感動しました。

教室は、もうしばらく続けていこうと思います。

(なんだか、自画自賛で、申し訳ございません。)

小さいころに読んだ本

先日、地元の図書館で行われた読書会に参加しました。

テーマは「小さいころに読んだ本」です。

参加者は、図書館のスタッフを入れて5人。

スタッフの一人をのぞくと、全員女性です。

私よりは、若い方たちばかりです。

絵本を持ってこられた方が多く、皆さん、楽しそうに、思い出の本を紹介されました。

 

取り上げられた本の一部ですが・・・

「ふたりはともだち」 アーノルド・ローベル

「カラスのパンやさん」

「ピーナッツ 南京豆 落花生」

「マーシャとくま」

「とこちゃんはどこ」 松岡享子 作 かこさとし 絵

 

作者名を忘れてしまった本もあります。

ごめんなさい。

書ききれないくらい、たくさんの本や絵本が紹介されました。

聴いてて、見てて、ほんとに楽しかったです。

 

私は、

「世界童話全集 1 ふらんす童話集」 河出書房

「ベルとまもの」 講談社・世界名作童話全集

の二冊を紹介しました。

 

ふらんす童話集は、母の知り合いの女性が、まだ幼かった私にプレゼントしてくださったものです。

すぐには、むずかしくて読めなくて、何年か経ってから読みました。

私が、ヨーロッパに憧れるようになったのは、この本が原因だと思います。

 

シャルル・ペロー ドーノワ夫人 ボーモン夫人など、三人の作者の童話です。

入っているお話は、

まず、ペローの作品より

「眠れる森の姫」「赤ずきん」「長靴をはいた猫」など

ドーノワ夫人のは

「森の牝鹿」

ボーモン夫人のは

美女と野獣」「美しの王子」

です。

挿絵も、モダンですが素朴で、夢を誘います。

 

「ベルとまもの」には、

「ベルとまもの」「ティティ王子物語」

の二つのお話が入っています。

二つとも、ボーモン夫人の作だと思います。

「ベルとまもの」は、「美女と野獣」と同じお話です。

 

子どもの時には、気が付きませんでしたが、「ベルとまもの」の挿絵は、高畠華宵が描いています華宵は、昔、一世を風靡した挿絵画家です。

 

ふらんす」の方は、戦後、そんなに経たないころ、出版されたので、もう、ぼろぼろで、こわれかかっています。

父の転勤で、引っ越しが多かったのですが、ずっと手放さずにいました。

 

図書館のスタッフの方が調べてくださり、この本は、国会図書館にあることが分かりました。

近くの図書館でも、インターネットで読める図書館であれば、読めるそうです。

 

子どものころには地方にいましたので、図書館もなく、書店も、あまり満足なところはありませんでした。

ですから、本は、従姉や知人などから譲り受けたものなどを読んでいました。

引っ越しの際、処分することもありました。

今考えても、手放さなければよかった、と思う作品は

 

三島由紀夫が書いた子供向けの「真夏の夜の夢」(これは、挿絵もよかったです)

若草物語」(今思うと、挿絵は中原淳一だったかもしれません)

松本清張が書いた、子供向けの「徳川家康」 などなど

 

あ~惜しかったです。

 

子どもを持たなかった私は、絵本を、あまり読んでいません。

朗読の仕事をするようになってから、絵本の読み聞かせの指導をするようになり、少し、絵本を読むようになりました。

絵本は楽しいですね。

読み聞かせをするのも、人の読み聞かせを聴くのも・・・

 

参加者のみなさんは、ほんとに楽しそうに、読んだり、お話されたりしました。

私の古い本も、ほんとに珍しそうに、話を聴き、また、ごらんになってくださいました。

 楽しい読書会でした。

 

追記:

ふらんす童話集」の中の「美女と野獣」と、「ベルとまもの」では、同じお話なのですが、野獣の絵が全然違います。

ふらんす」の方は、もしかすると、フランス映画「美女と野獣」(ジャン・コクトーの監督だそうです)から影響を受けたのではないでしょうか?(私は観ていないので、無責任ですが)

今の、ミュージカルやアニメ、また実写映画の野獣の容姿や服装は、ジャン・コクトーの映画から影響を受けているのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

「私のお父さん」

1954年(昭和29年)の今日、7月29日は、女優の秋吉久美子さんが誕生された日だそうです。

昔観た、彼女が出演している映画を思い出しました。

異人たちとの夏」です。

ちょうど、今頃でしょうか、暑い盛りのころのお話だったと思います。

いい映画でした。

それに挿入歌が、とてもよかったです。

オペラ「ジャン二・スキッキ」の中のアリア「私のお父さん」です。

この映画で初めて知ったと思いますが、忘れられない曲(歌)となりました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Tp5UH4Lfknw

 

 

すみだ川 東海林太郎 & 島倉千代子

梅雨が終わらず、しっとりしているうちに・・・

先日、ふとしたことで、島倉千代子さんのことを思い出したものですから。

カラオケが好きだったころも、この歌は歌ったことがありません。

島倉さんのような声は出ませんし、セリフが、とても恥ずかしくて読めませんから。

東海林さんは、晩年でしょうが、島倉さんは、お若い頃なのでしょう、とても初々しく、可憐です。

https://www.youtube.com/watch?v=kl6agFUU4j4

 

 

森瑤子さん

今日は、作家、森瑤子さんの亡くなられた日だそうです。

1993年(平成5年)7月6日で、52才でいらしたとのこと。

 

森さんの作品は、一時、朗読会で読む方が多かったです。

私も、有料の朗読会で読むことになり、出版社の方に訊き合わせて、森さんの秘書の方に電話しました。

すると、電話に出られた秘書の方(女性)は、「今、森の命日で、与論島に行って、帰ってきたところなんです」とおっしゃいました。

それはそれはとばかり、少しお話してしまいました。

(秘書の方、お疲れだったでしょうに)

朗読は、もちろん、快く、許可してくださいました。

 

また、それよりも前、朗読の許可を得るために、出版社が教えてくれた住所に、手紙を出したところ、封書でお返事が来ました。

封筒の中には、許可する旨のお手紙と、森瑤子さんの、まるでブロマイドみたいな素敵なお写真が入っていました。

お写真には、「森の作品を愛してくださって、ありがとうございます」と書き添えてありました。

あるレイニー・シーズン

 今日は、6月1日、梅雨の始まりかな、曇っています。

もう、ふた昔になるでしょうか、ある年の6月、朗読教室を始めて間もない私に、個人教授の依頼が来ました。

中央線の〇〇〇駅の近くにある、ピアノの練習に使われている古い家の一部屋を借りて、朗読を指導してほしい、とのお話でした。会場は、彼女が借りるのです。

朗読の発表会で、司会を頼まれたので、そのために、短期間で、ナレーションが、うまく読めるようになりたい、とのご希望です。

私は、彼女の癖を取り除いて、誰にも聞きやすい、素直なナレーションになるように、との方針で指導をしました。

個人教授第一号の生徒さんでしたので、相場よりかなり安い指導料にしました。

悪いと思われたのでしょう、彼女は、指導が終わると、よくお茶や食事をごちそうしてくれました。

最後には、彼女がよく行くというスナックにまで連れて行ってくれました。

その当時は、カラオケが趣味の一つでしたので、私も楽しく歌いました。

でも、その帰りに彼女は、「このお店には、もう来ない方がいいですよ」といいました。

路地の中にある小さいお店でしたが、彼女が、どうしてそういったのかは分かりません。そのお店には、その後行ったことはありません。

数回の楽しい授業の後、その方と、またお会いしたことはありません。

この個人授業は、その方の都合で、私のある教室が終わったあとしばらくしてからの時間に設定されましたので、少し、時間をつぶす必要がありました。

そのため、授業の前に、よく、駅前の古書店の棚をながめたものです。

そこで、英国のミステリが好きな私は、ある翻訳の本格ミステリを見つけました。

単行本でしたが、古書なので、かなり安くなっていました。

英国のミステリが好きな私は、しばらく考えてから、買うことにしました。

家に帰ってから読んでいると、本の間に挟んであった、出版社からのお知らせの栞を見つけました。

その栞には、あるミステリファンのグループのことが書いてありました。

まだ翻訳されていない、いろいろな国のミステリを紹介する同人誌を発行していて、多くの同人がいるとのことです。

個人教授を始めたばかりの私は、新しいことを始めるうれしさもあり、便りを出して、同人になりました。

すごい方たちばかりで、私なんかは下っ端でしたが、ドイツ語だのイタリア語だの、とても読めない国の作品の紹介なども楽しみました。

例会にも、二三度参加しました。

何年か後に、年会費のお知らせが来なくなり、間もなく、会長が亡くなられたことを知りました。

梅雨のシーズンの二つの出逢い・・・6月が巡りくると、思い出します。